浦和フットボール通信

MENU

【横浜戦のポイント】固い守備の横浜に対して焦れずに闘った。阿部「我慢が必要だと話していた。我慢した中で、後半に点が獲れた」

(Report by 河合貴子)

最終戦で引き分けたとは言え、ここまで34試合の積み重ねの結果である。その頂点に浦和が立った

ベテラン中澤佑二選手を中心に横浜FMの固い守備に苦戦を強いられることとなってしまった。

阿部勇樹選手は「我慢が必要だと話していた。我慢した中で、後半に点が獲れた。攻めている時のリスクでやられるならカウンターしかないと思った。徹底してやればチャンスは来る。そのために我慢が必要だった」と話した。

柏木陽介選手は「前半の結果を監督から聞いたが、情報は要らなかった。勝つだけだ!って思っていた。0で行ってたら、点が獲れる自信があった。攻め急がないことを心掛けた」と選手たちは落ち着いていた。

ハーフタイムに知らされた川崎のリード。それでも、焦って縦パスを入れるシーンは無かった。攻守の切り替えも良かった。横浜FMの固い守備をこじ開けたのは、ゴール前に飛び出す勇気だった。李忠成選手と関根貴大選手の見事なワンツー!そして、ゴール前に詰める柏木選手の判断!素晴らしかった。

だが、一瞬のスルーパスで抜け出したマルティネス選手の個人技で同点にされてしまった。

(残り 808文字/全文: 1286文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ