浦和フットボール通信

MENU

浦和レッズ2011シーズンを振り返る 河合貴子(前編)(12/16)

ゼリコ・ペトロヴィッチを招聘した今季は、クラブが掲げた優勝という目標とは程遠い15位に終わった。一時期は降格圏内に沈み、残留争いを演じることとなるが、なんとか残留を決めてシーズンを終えた。長くレッズの取材を続ける“タカねえ”には今季がどのように映ったのか今シーズンの振り返りを訊いた。

Photo by (C) Kazuyoshi Shimizu

【なぜペトロヴィッチ新体制はうまく行かなかったのか】

UF:今シーズンはクラブが優勝を掲げてゼリコ・ペトロヴィッチを迎えてのシーズンとなりましたが、結果は降格争いに巻き込まれて、なんとか最後に残留を決めましたが15位という厳しい成績が残ったシーズンでした。

河合:今シーズン振り返ってみて、ベストゲームは何だろうと考えると、ホームの名古屋グランパス戦です。これはペトロが帰国する前に話した時も彼も同じ意見だった。名古屋に対してあれだけのサッカーが出来たのであれば、相手が引いてきたり、選手の状態などで状況が試合によって変わることはあっても、シーズンを通して選手もあのパフォーマンスが出来たはずです。それが、あの試合の後は全く勝つことができなかった。あれで満足してしまったのではないでしょうか。あの名古屋戦は、誰もが夢と希望を描いたゲームだったと思います。

Photo by (C) Kazuyoshi Shimizu

UF:名古屋戦は、今年は面白いサッカーが見えると確かに思いましたね。昨年の王者に対して完璧な試合をしてくれた。しかし河合さんのおっしゃる通り、そのあと、福岡戦まで勝利がないということで、実に2ヶ月間勝利から見放されてしまいました。

J/第7節 vs名古屋グランパス○ 3-0
J/第8節 vsベガルタ仙台 ● 0-1
J/第9節 vs横浜F・マリノス ● 0-2
J/第10節 vs柏レイソル ● 1-3
J/第11節 vsセレッソ大阪 ▲ 1-1
J/第12節 vs鹿島アントラーズ ▲ 2-2
J/第13節 vsアルビレックス新潟 ▲ 1-1
J/第14節 vs大宮アルディージャ ▲ 2-2
J/第15節 vsサンフレッチェ広島 ▲ 0-0
J/第16節 vs清水エスパルス ● 1-3
J/第17節 vsアビスパ福岡 ○ 3-0

河合:仙台戦もあり得ない負け方だった。仙台の諦めない気持ちに対して、宇賀神は今でも言っていますが、相手に当ててスローインからマイボールだと考えていたところで、当たり具合が悪くて、誰もがゴールラインを割ると思っていた所で、ボールに変化が掛かっていて、ボールがラインの外に出なかった。それをリャン・ヨンギだけがしっかり追っていて、それがゴールに繋がってしまった。

UF:序盤はそのような不用意な失点が散見されました。その後、徐々にそれが改善をされて失点も減ってくると負けることはなくなってきました。

河合:その時は前半0に抑えれば、後半点が取れると選手もずっと言っていた時期ですね。しかし、こんなに引き分けの多いシーズンはなかった。負けないが勝てないという時期が続いていました。それだけに得点力のあるFWがペトロは欲しかったと思う。ペトロもいる選手でなんとかしようと、色々な組み合わせを変えて、ランコとセルの2トップにしてみたり、色々な形を試していましたが、なかなか上手くいきませんでした。

UF:その意味でもペトロが求める選手をクラブは用意出来なかったのだと思います。

河合:監督が決まる前に補強は動かざるを得ない部分もあるので、今季に関しては難しい部分もあったと思う。それでも、しっかりしたチームは、クラブにビジョンがあって、その中での分析があるから、足りない戦力をしっかりと精査出来る。それがあるから監督が新しく来ても戦力についてのズレは少ないのだと思いますね。浦和レッズには、チームとしての柱、クラブの土台がない。あるとしても土台に沿った監督人選ではなかったりするので、監督はコロコロ変わる。GMは変わるということが起きてしまう。

【若手の台頭が目立った2011シーズン】

UF:今季の明るい材料といえば、若手選手の台頭があったシーズンだと思いますが、これについての印象はいかがでしょうか?

河合:若手の台頭は大きいですね。原口、高橋峻希、山田直輝、濱田水輝が台頭してきた。あとは野田君の活躍も目を見張るものがありました。彼はスピードが魅力のプレーで、コツコツ努力をしていて、宇賀神が怪我をした時にチャンスをしっかりモノにした。腐らずにずっといられたのは、堀之内、坪井、山岸のお陰だと思う。あの三人が試合に出られなくてもチームのために働き、しっかり支えていたと思う。それがベテランの役割であったと思うし、出られない選手が、彼らの姿勢を見て腐らずにしっかりとやれていたという背景があります。

Photo by (C) Kazuyoshi Shimizu

(残り 3631文字/全文: 5590文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ