浦和フットボール通信

MENU

浦和レッズ2013ライブディスカッション 「苦労人・那須大亮のメンタルの強さは那須ノートにある?!」

SHI_1827

レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを毎月訊く「レッズ2013月刊ライブディスカッション」。シーズンも半分を折り返し、個々の選手たちの状態はどうなのか。河合さんにお話を訊いた。(浦和フットボール通信編集部)

過酷な夏を乗り越えるためのコンディション調整

椛沢:夏場の連戦では、コンディションの重要性も感じました。

河合:コラムでも書いた、野崎トレーナーの『崎トレ』の取材の際に、野崎先生が教えてくれたのですが、選手はフィジカルが50、メンタルが50で、合わせて100になると考えているそうです。夏の暑い時期にフィジカルが落ちて25になる。でもメンタルが50ならば、75で戦える。フィジカルが25、メンタルが25になると50になる。50だと、普段の半分しかパフォーマンスが出せない状態なので、それで勝てるかといったら勝てないわけです。フィジカルは急に落ちるわけではなく、徐々に落ちていく。メンタルがガクッと落ちることもある。90分の試合でも上がったり、下がったりする。この部分でのメンタルも大きいと野崎さんが話をしてくれて、選手にも話しているそうです。気持ちで落ちた部分をいかに落ちるかをどうするかが重要だと。それを言われたときに、サッカーでは、2-0の試合が一番怖いというけれども、相手が1点を取ったらイケイケになってメンタルが一気に上がるからかと。なるほどと思いました。

椛沢:チームの雰囲気作りは重要だというのは、そういうこともありますよね。チーム全体の雰囲気を上げないと、選手のメンタルに影響をしてくる。その部分においては、ミシャが指揮を取ってから、その辺りのクラブ、チームの雰囲気が良い気がします。レッズとしては、科学的にメンタルトレーニングを導入するようなことはないのでしょうか。

河合:確かに、アロマセラピーをやっているチームがあったりもします。エンブレムの部分にアロマをつけて、新人がプレーする時は、ジャスミンの匂いでリラックスさせるとか。それが選手のメンタルに影響をさせていたります。レッズでは、具体的な施策は聞いたことがないですね。

苦労人・那須大亮のメンタルの強さは那須ノートにある?!

椛沢:環境面で、勝つためにやることは全てやっても良いでしょうね。さて、個々の選手の話にうつりますと、まず、那須大亮選手の評価がどんどん上がっています。甲府戦の決勝ゴール、マリノス戦のゴールも印象的でした。甲府戦でも「80分までゴールがなければ、俺が上がって決める」と言って決めたそうですね。気持ちが良い選手ですね。

河合:戦っているのが伝わってくる選手ですね。苦労人だけある。昨シーズン、柏レイソルでは心が叩き折れそうだったと言っていた。あんな強い人の心が叩き折れそうで、それでも踏ん張っていて、最後は天皇杯で優勝をした。よくうちに来てくれた。その時に話をしてくれた『那須ノート』を見てみたいね。彼に頼んでみたいと思います。

(残り 2470文字/全文: 3702文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ